お花畑

好きに見りゃいいものであるというのは大前提だろうけど、それ以上に
きちんと考えなきゃいけない部分がある。そういうのが面倒臭い人は
こういう作品の前に立っちゃいかんと思う。

それにしても、アムネスティの宣伝文、様々な反響が全く届いていない。
これが『お花畑』ということだとよくわかる。

でも実際問題、こういうのの感想を言うのって本当に難しい。
一方少なくともアムネスティの宣伝文に取り上げられるようななんとなく爽やかな
感想を持たなかったのは確かなのでとりあえず久々に思うところを書いてみた。

件名にも書いたけど、役所の有能さを示すニュースだと思う。いくら相手が相談したくて連絡してきたにしても、電話口できちんとかなり突っ込んだ内容まで聞き取り、今回の件につながるキーワードを引き出してたって素晴らしい行政成果だと思う。もちろんそれが被害者の子を救うことには残念ながら繋がらなかったし、だったら意味がないという人もいるんだろうけど、私にはむしろ逆にそういった問題行動に気付いてなんとかしようとしていた二人がいたことを評価したい。そしてその行動がこれだけすぐに省みられたというのはひとつの成果だと思う。

もしも身近な方がその人だったら、残念だったけど、よく頑張ったと評価してあげたいし、評価してあげて欲しいトピックでした。役所もやるじゃん。世間は評価すべきだよ、本気で。できないよ、シロウトには。負けるな、児相!