ウイルス感染症

下腹部の激しい痛みを起こす主な病気には、大腸粘膜が嚢状に突出する大腸憩室症、尿管や膀胱などの尿路結石症、難病指定されている潰瘍性大腸炎、細菌感染などによって腹膜が炎症を起こす急性腹膜炎、卵管の疾患など、色々な病名が聞かれるようです。
エイズはHIV(ヒト免疫不全ウイルス)の感染によって罹患するウイルス感染症のことであり、免疫不全を起こして些細な病原体による日和見感染や悪性新生物等を複数併発する症候群の事を総称しています。
胸焼けが特徴の逆流性胃腸炎は、約1週間きちんとお薬を飲めば、押しなべて90%近くの人の自覚症状は良くなりますが、イコール食道の粘膜の発赤や炎症が根治したとは断定できないのです。
UV-Bは、UV-Aよりも波長が短いという性質があり、大気中のオゾン層を通る際に一部分が吸収されますが、地表まで届いたUV-Bは皮ふの表皮の中で細胞の遺伝情報(Deoxyribo Nucleic Acid)を破損させるなど、肌にとって悪い影響をもたらすことが明らかになっています。
開放骨折してひどく出血した場合に、急激に血圧が降下して、眩冒やふらつき、体が急速に冷えるように感じる冷や汗、吐き気、座っていても起こる意識喪失などの脳貧血の症状が誘引される場合もあります。
インキンタムシ(陰金田虫)というのは、医学上では股部白癬という名称で、かびの一種である白癬菌が陰嚢(いんのう)、股部、お尻などの場所に何らかの理由でうつり、寄生してしまった病気の事で俗に言う水虫のことです。
環状紅斑(かんじょうこうはん)は環状、要はまるい形状をした真紅色の発疹など、皮ふ病の総称ですが、その原因はまさしく様々だといえます。
「時間がない」「面倒なお付き合いが嫌」「あらゆるテクノロジーやインフォメーションの進化に追いつくのが大変だ」など、ストレスが蓄積されてしまう元凶は人によって違うようです。
一般的には骨折はしない程度の弱い力でも、骨の限定されたポイントに複数回にわたり持続的に力が加わることで、骨折が生じることがあるので注意しなければいけません。
アミノ酸の一つグルタチオン(Glutathione-SH、GSH)は、細胞の機能を鈍化させたり変異をもたらすような人体に対する有害物質を体の内部で無毒化し、肝臓の機能性を促進するような動きが判明しています。
「肝機能の悪化」は、血液検査項目のGOT(AST)やGPT(ALT)、γ-GTP等3つの数値で分かりますが、ここ数年の間に肝臓の機能が悪化している人の数がだんだん増えているということが分かっています。
亜鉛は、遺伝情報(DNA)やタンパク質の合成に関わっている様々な酵素や、細胞・組織の入れ替わりに関係する酵素など、200種類以上も存在する酵素を構築する要素として絶対に欠かせないミネラルの一種だといわれています。
多くの人に水虫イコール足、特に足指の間にできやすい病気として認知されていますが、原因菌である白癬菌が感染するのは足しかないのではなく、体の様々な部位にうつるという危険性があるのです。
胃食道逆流症の一つである逆流性食道炎は、食生活が欧米化したことに加えて喫煙・アルコールの常飲・肥満等の生活習慣の質の低下、ストレスに縁って、ことさら日本人に多いという疾患なのです。
強い痛みを伴うヘルニアは正式には「椎間板ヘルニア」と呼ばれ、背骨と背骨の間にあって緩衝材に近い役割を担っている椎間板という名前のやわらかい円形の線維軟骨が飛び出してしまった症状を称しているのです。