ナイアシン

ビタミン欠乏症である脚気(かっけ)の症状は、手や足がマヒしたり脚の著しい浮腫などが中心で、発症から時間が経つと、最も重症のケースでは心不全も呼び込む可能性があるのです。
アメリカやヨーロッパにおいては、新薬の特許が切れてから約4週間後には、製薬市場のおよそ80%がジェネリック(ジェネリック医薬品、後発医薬品)に替わるという薬品もあるほど、ジェネリックは世界で浸透しているという現実があります。
酒類に含まれるアルコールを分解する働きのあるナイアシンは、辛い宿酔に極めて効果的です。苦しい二日酔いの因子であるエタナールという物質の無毒化に関係しています。
ほぼ100%に近い割合で水虫といえば足を思いつき、特に足指の間にみられる病気だと勘違いされやすいのですが、原因菌である白癬菌が感染する部位は決して足しかないわけではなく、全身どこにでもうつるという危険性があるので気を付けましょう。
内臓に脂肪が多い肥満と診断されて、油脂の摂りすぎなどによる「脂質過多」、高血圧、高血糖(こうけっとう)の中で2項目以上該当するケースを、メタボリックシンドローム、略してメタボと呼んでいます。
亜鉛は、細胞の遺伝情報(DNA)やタンパク質の合成に働く様々な酵素や、細胞や組織などの代謝に関わっている酵素など、約200種類以上存在する酵素を構築する物質としてなくてはならないミネラルの一種なのです。
「とにかく忙しい」「上っ面だけのいろんな付き合いが多すぎる」「あらゆる先端技術や情報のハイレベルな進化になかなか付いていけない」など、ストレスを感じやすい要因は十人十色です。
人間の耳の内部構造は、外側から順番に「外耳」「中耳(middle ear)」「内耳(inner ear)」の3つに区別されますが、中耳付近に様々な細菌やウィルスが感染し、炎症が起こったり、液体が滞留する症状を中耳炎と呼びます。
メタボリック症候群とは診断されていなかったとしても、内臓の脂肪が多く蓄積してしまう型式の悪い肥満症になることにより、複数の生活習慣病を引き起こしやすくなります。
必要な栄養を万遍なく含んだ食事を1日3回とることやスポーツは勿論、肉体や精神の健康や美を目的とし、栄養を補うために色々なサプリを摂取する行為が珍しくなくなってきているのです。
様々な花粉症の緒症状(鼻みず、酷い鼻づまり、くしゃみなど)のせいで夜間よく眠れない場合、そのせいで睡眠不足の状態になり、翌日目覚めてからの活動に芳しくない影響を及ぼすこともあるのです。
BMIを求める計算式はどこの国でも一緒ですが、数値の評価水準は国家ごとに違いがあって、日本肥満学会(JASSO)ではBMI値22を標準体重とし、25以上は肥満、18.5未満だと低体重と決定しています。
ともすると「ストレス」というのは、「溜めてはいけないもの」「取り去らなければいけない」と捉えがちですが、実のところ、私たちヒトは多種多様なストレスを感じているからこそ、生き延びることが可能になっているのです。
もし婦人科の検査で現在エストロゲンとゲスターゲンの分泌量が基準値を下回り早期閉経(premature menopause)だと分かった場合、不足分の女性ホルモンを足してあげる処置等で改善が望めます。
UV-Bは、UV-Aと比較すると波長が短いという特徴があるので大気中のオゾン層を通過する際にその一部が吸収されるのですが、地表に達したUV-Bは皮ふの表皮内で細胞のDNA(Deoxyribo Nucleic Acid、デオキシリボ核酸)を破損させるなど、皮ふに良くない影響をもたらすことが明らかになっています。