主訴

UV-B波は、UV-A波に比べて波長が短いという特徴があるため大気中にあるオゾン層でその一部が吸収されるのですが、地上まで届いたUV-Bは皮ふの表皮の中で細胞のデオキシリボ核酸(DNA)を傷つけてしまうなど、皮ふに良くない影響を与えることが明らかになっています。
BMI(体格指数)の計算式はどこの国も同じですが、数値の評価レベルは各国違っており、(社)日本肥満学会(JASSO)ではBMI22であれば標準体重とし、BMI25以上の場合を肥満、BMI18.5未満を低体重と定義付けています。
胸部圧迫感を主訴とする狭心症の外科手術ではほとんどの病院で「大動脈バルーンパンピング法(IABP)」もしくは「冠動脈大動脈バイパス移植術(CABG)」のふたつの技法がしきりに使用されています。
PC使用時の青い光を低減する効果のあるレンズの付いたPC専用メガネが今人気を集める理由は、疲れ目の予防策に多くの人が四苦八苦しているからではないでしょうか。
気分障害の一種であるうつ病では副交感神経が優位になると脳内で分泌される神経伝達物質であるセロトニンが足りず、不眠、気分の落ち込み、倦怠感、疲労感、食欲不振、体重減少、強い焦り、意欲の低下、希死念慮、そして重症化すると自殺企図等の辛い症状が現れ、2週間以上続きます。
チェルノブイリ原発の事故に関する被害者の追跡調査のデータによると、大人に比べて若い子どものほうが分散した放射能の有害な影響をより受容しやすいことが見て取れます。
侮ってはいけないインフルエンザに適した予防の仕方や手当など必然的な対策そのものは、季節性のインフルエンザであっても未知なる新型のインフルエンザでもほぼ変わりません。
過食、太り過ぎ、喫煙、消費カロリーの低下、精神的・肉体的なストレス、加齢など多様な素因が集まると、インスリンの分泌量が減少したり、働きが落ちたりしてインスリン注射の必要な2型糖尿病(ICD-10:E11)を発症するのです。
普通ならば骨折に至らない位の弱い圧力でも、骨の同じ部位だけに幾度も連続して力が加わってしまうことで、骨折に至ってしまうことがあるので気を付けましょう。
花粉症の病状(鼻水、鼻詰まり、くしゃみなど)のせいで夜間しっかり眠れない場合、それが引き金となって睡眠不足の状態になり、翌朝からの諸活動にダメージを及ぼすこともあるのです。
ほとんどの場合は水虫は足、中でも足の裏や指の間にみられる病気として知られていますが、原因菌である白癬菌が感染する部位は決して足しかないわけではなく、体の色んな部位にもうつるという恐れがあるので注意してください。
もう永久歯の表面の骨を減らすほど拡大してしまった歯周病は、おそらく病状が和らいだとしても、失ったエナメル質が元通りに復元されるようなことはまずないでしょう。
くしゃみや鼻みず、鼻づまりや目の掻痒感・ゴロゴロするような感覚などの花粉症の嫌な症状は、アレルギーの原因である花粉の飛んでいる量に比例しているかのように悪くなってしまう傾向があるということが明らかになっています。
演奏会の場内やダンス広場などに据えられている特大スピーカーの近くで大音量を聞いて耳が聞こえにくくなる症状を「急性音響外傷(きゅうせいおんきょうがいしょう)」と言うことをご存知でしょうか?
エネルギーとして速攻で使われる糖分、細胞の生まれ変わりに必要となる蛋白質など、過度の痩身ではこれらのように体をキープするために必ず要る栄養成分までも減らしてしまう。