体内の脂肪

多機能な肝臓に中世脂質や食物由来コレステロールが多く付いた脂肪肝という病気は、糖尿病を始めとするありとあらゆる疾患を起こす可能性があります。
学校や幼稚園などの大勢での団体生活をするにあたって、花粉症が要因で他のみんなと一緒に明るく走り回れないのは、患者である子どもにとっても残念なことです。
明るくない所だと光量が不足してものが見えにくくなりますが、更に瞳孔が開くため、眼球のピントを合わせるのに不必要なパワーが使用されてしまい、明るい場所で物を眺めるより疲労が大きいのです。
「体脂肪率」というのは、人の体内の脂肪が占めているパーセンテージを指しており、「体脂肪率(たいしぼうりつ、パーセント)=体脂肪の量(キロ)÷体重(body weight)×100」という計算式で求めることができます。
汗疱(汗疱状湿疹)は手の平や足裏、又は指と指の間などに細かい水疱がみられる症状で、通称あせもと呼び、足の裏に出てくると水虫と思い込まれる場合が結構あります。
普通なら骨折は起こさない程度のごく弱い力でも、骨の一つの部分だけに幾度も繰り返して持続的に力が加わってしまうことで、骨折に至ってしまうことがあるので気を付けましょう。
基礎代謝というのは人間が何もしていなくても燃えるエネルギーのことを指していて、その半分以上を全身の様々な筋肉・最大の内臓である肝臓・大量の糖質を必要とする脳の3種類が占めていると考えられています。
高齢化が原因の耳の聞こえにくさではゆっくりと聴力が落ちていきますが、大体において還暦過ぎまでは聴力の減退をしっかり自認できないものです。
ハーバード・メディカルスクールの調べによれば、毎日2カップ以上のカフェインレスのコーヒーに変えることで、直腸ガン発病リスクを約5割も減少させたという。
AED(Automated External Defibrillator)は医療資格を保有していない一般の人でも取り扱える医療機器で、本体から発せられる音声ガイダンスに従って利用することで、心室細動に対しての処置の効き目を発揮してくれます。
ヘルニアというものは正しくは椎間板ヘルニア(ついかんばんヘルニア)といい、背骨の間でクッションに近い働きをしている椎間板(ツイカンバン)という名称の柔らかい円形の組織がはみ出た症例の事を称しています。
人間の耳の内部構造は、耳殻側から順番に「外耳」「中耳」「内耳」の3つに大別されますが、この中耳の辺りに様々な細菌やウィルスなどが感染し、炎症になったり、液体が滞留する症状が中耳炎というわけです。
陰金田虫は20〜30代の男の人多く見られており、ほとんどのケースでは股間の周囲だけに広がり、運動をしたり、風呂に入った後など全身が温まると猛烈な掻痒感があります。
生殖器である前立腺は生育や活動にアンドロゲン(男性ホルモン)が大変深く関わり、前立腺に出現したがんも同様に、雄性ホルモン(男性ホルモン)の作用で肥大化してしまうのです。
めまいが診られず、強い耳鳴りと難聴の症状だけを幾度も繰り返す症例を区別して「蝸牛型メニエール(メヌエル)病」という病名で診断するケースもあるのです。