日サロ

虚血性心疾患の心筋梗塞とは心臓の周りを取り囲んでいる冠動脈の動脈硬化により血管内が狭くなってしまって、血液の流れが停止し、酸素や色々な栄養が心筋に配達されず、筋繊維自体が機能しなくなってしまう大変危険な病気です。
健康を推進するWHO(世界保健機関)は、人体に有害なUV-A波の浴び過ぎが皮膚疾患を起こす可能性が高いとして、19歳未満の若い人が日サロ(日焼けサロン)を利用する行為の禁止を広く世界各国に勧めています。
UV-B波は、UV-A波に比べると波長が短いという性質があるので大気中にあるオゾン層で一部が吸収されるものの、地表まで届いたUV-B波は肌の表皮の内部で細胞のデオキシリボ核酸を壊すなど、皮ふに悪影響を与えます。
急性中耳炎(Acute otitis media)とは、一番代表的な中耳炎で小さな子どもに多くみられる病気です。強い耳の痛みや高熱、酷い鼓膜の腫れ、膿が流れる耳漏などたくさんの症状が出現するのです。
クシャミ、鼻水、鼻詰まりや目のかゆみ・異物が入っているような感覚などの花粉症の諸症状は、アレルギーの原因である花粉の飛んでいる量に追従するかのように酷くなる性質があるということが明らかになっています。
アメリカやヨーロッパ諸国では、新薬の特許が満了してから4週間後には、製薬市場の80%がジェネリック医薬品(Generic drug)に切り替わるような薬もあるというくらい、ジェネリック医薬品(Generic drug)は世界各国で採用されているのです。
メタボリック症候群とは言われていなかったとしても、内臓脂肪が多めに付く特性の悪い肥満症を持っていることによって、数多くの生活習慣病を招きやすくなります。
アルコールを無毒化するという働きのあるナイアシンは、辛い宿酔に大変有効です。不快な二日酔いの要因とみられているエタナール(アセトアルデヒド、acetaldehyde)という物質の分解に関係しています。
体脂肪の量は変化が見られないのに、体重だけが食物の摂取や排尿などによって一時的に増減する際、体重が増加した人は体脂肪率(body fat percentage)は低下し、体重が減った方は体脂肪率が高まります。
下腹部の激しい痛みを訴える人の多い代表的な疾患には、盲腸と間違われやすい大腸憩室症、5mm〜10mm大の石ができる尿路結石症、完治が難しい潰瘍性大腸炎、腹膜に炎症や穿孔が起こる急性腹膜炎、子宮の疾患など、色々な病名が挙げられるでしょう。
気が付くとゴロンと横向きのままでテレビを視聴していたり、ほっぺたに頬杖をついたり、ヒールの高い靴等を日常的に履いたりという癖や習慣は身体の上下左右の均衡を悪くする大きな要素になります。
不整脈の期外収縮は、特に病気ではなくても発生することがあるためさほど珍しい健康障害ではないのですが、例えば発作が続いてみられるケースは危険です。
前立腺はその成長や活動に雄性ホルモン(男性ホルモン)が大変深く関係しており、前立腺に現れたがんも同様、アンドロゲン(男性ホルモン)の機能によって肥大化します。
必要な栄養素を万遍なく含んだ食生活やスポーツは当然ですが、ヘルスアップや美容を目的とし、欲しい栄養を補うために色々なサプリを飲用する事が普通になりました。
内臓に脂肪が多い肥満と診断された上で、脂質過多、「血圧(blood pressure)」、高血糖(こうけっとう)の中で2〜3項目当てはまるような事例のことを、メタボと称しているのです。