期待できません

石破さんが言っていたとおり、菅首相は「辞める」という言葉を一言も言っていません。

菅首相自身「一言も言っていない」と明言しています。
菅首相の早期辞任は、マスコミや政治家が、管首相の発言を、民衆が喜ぶような形にわざわざねじ曲げて解釈した結果にすぎません。
マスコミや政治家は、菅首相を辞めさせるための何の能力も持っていません。
その彼らの、行動を伴わない「葬儀 神奈川辞めろ発言」は、あまりにも無力です。

また、参院での問責決議案は法的拘束力がない以上、恥という意識のない菅首相に無視されるだけで、何の結果も期待できません。

そんな中で、石破さんが提案している内閣不信任決議案再提出は、法的拘束力のある唯一の具体的な方法として期待できると思います。

テレビでのコメント聞いても、石破さんの言葉は
非常に説得力があります。

不信任案、絶対に出してもらいたいです。
石場さんって人気がないんですね。
論理的な考え方で、政治の仕事をすると、嫌われるのかもしれません。
最近の一連の騒動を見ればわかりますが、政治は論理ではなく気分の世界ですから。

でも、今の日本に本当に必要なのが、論理的なきちんとした政治だと思うんだけどなあ。

石場さん、応援してます!
不信任案、期待してます!