眼鏡

耳鳴りは大きく2種類に分けることができ、本人だけに聞こえるような「自覚的耳鳴り」と、血流のように当事者だけでなく他の人にも品質の高いマイクロホンを使用すると感じるタイプの「他覚的耳鳴り」とがあるそうです。
PC画面の細かなちらつきを軽減させる効果のある専用眼鏡がいま最も人気を集めている訳は、疲れ目の消失にたくさんの方々が興味を抱いているからだと言えるでしょう。
「体脂肪率(body fat percentage)」とは、体の中の脂肪の蓄積している%のことで、「体脂肪率(percent of body fat、%)=体脂肪量÷体重×100」という数式で求めることができます。
我が国における結核対策は、1951年に生まれた「結核予防法」にならう形でなされてきましたが、半世紀が経過した2007年からはその他の感染症と供に「感染症予防法」という法律に基づいて遂行されることが決まりました。
胸焼けが特徴の逆流性胃腸炎は、5日前後きちんとお薬を飲めば、普通、9割近くの人の自覚症状は消えますが、さりとて食道の粘膜の炎症反応そのものが完治したことを意味しないのです。
スギの花粉が飛散する1月から4月の頃に、まだ小さなお子さんが発熱はみられないのにくしゃみを連発したり水のような鼻みずが止む気配をみせないケースは、杉花粉症の可能性が高いかもしれません。
複雑骨折により大量出血した場合に、低血圧になって眩冒や体が急速に冷えるように感じる冷や汗、吐き気、意識喪失などの脳貧血の症状が誘引されることがよくあります。
現在、若い世代で長期間咳が続く結核に抗えるだけの抵抗力、即ち免疫力を保有していない人々が増えていることや、早合点のせいで診断が遅れることが原因の集団・院内感染(アウトブレイク)の発生頻度が高いようです。
汗疱というのは掌や足の裏、又は指の間などにちっちゃな水疱がみられる症状で、通常は汗疹(あせも)と呼ばれており、足の裏に出来ると足水虫と思い込まれるケースが結構あります。
吐血と喀血はいずれも口からの出血に違いはありませんが、喀血とはのどから肺を繋いでいる気道(呼吸器のひとつ)から血が出ることであり、吐血というものは十二指腸より上にある食道などの消化管から出血する症状のことを示しています。
エイズとはヒト免疫不全ウイルス(human immunodeficiency virus)の感染によって起こるウイルス感染症の病名で、免疫不全を起こして些細なウイルスなどによる日和見感染や癌等を複数併発する病状そのものの事を指し示しています。
春に患者が増える花粉症とは、森林の杉やヒノキ、ブタクサなどの虫によって媒介されない花粉が元凶となって、くしゃみ・目のかゆみ・微熱・鼻みずなどの不快でゆううつなアレルギー症状を呈する病気として認識されています。
基礎代謝(Basal Metabolism)とは人間が動かずにじっとしていても消費してしまう熱量のことであり、大部分を様々な骨格筋・最大の内臓である肝臓・脳の3つが使うと言われているようです。
既に永久歯の周りの骨を浸食するほど深刻になってしまった歯周病は、残念ながら進行具合そのものが沈静化することがあっても、失った骨が元通りに再建されることはないのです。
緊張型頭痛というのは仕事や勉強などでの肩こり、首筋のこりに誘引される肩こり頭痛で、「頭をギューっと締め付けられるような痛さ」「頭が重苦しいような鈍い痛さ」と表現されています。