運動

アルコールを分解する肝臓に脂質や食物由来コレステロールが多く溜まった脂肪肝(steatosis hepatis)という病気は、動脈硬化や狭心症を筆頭にいろんな健康障害の元凶となる可能性が高いと考えられています。
陰金田虫(インキンタムシ)という病気は20〜30代の男の人多く確認され、大抵は股間の辺りにのみ拡大し、激しい運動をしたり、お風呂から上がった後など身体が熱くなった時に猛烈な痒みを引き起こします。
耳鼻咽喉科の領域の花粉症とは、森林のスギや檜、松、ブタクサなどの決まった時期に飛散する花粉が元凶となり、くしゃみ・目のかゆみ・微熱・鼻水などの不快でゆううつなアレルギー症状をもたらす病気なのです。
「体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)」とは、人の体内の脂肪が占めるパーセンテージを指しており、「体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat、%)=体脂肪量(キログラム)÷体重(body weight、キログラム)×100」というシンプルな数式で確認できます。
気分障害の一種であるうつ病では脳内の神経伝達物質の「セロトニン」が不足することにより、憂うつ、数時間しか眠れない不眠、強い疲労感、食欲不振、5kg以上の体重減少、強い焦燥感、意欲の低下、「消えてなくなりたい」という希死念慮、そして重症になると自殺企図などの深刻な症状が見られるのです。
1型糖尿病という病気は、膵臓(すいぞう)にあるインスリンの源であるβ細胞がダメージを受けてしまうことが原因となり、膵臓からは血糖値を正常に保てるだけのインスリンが分泌されなくなってしまって発病する自己免疫性のタイプの糖尿病なのです。
杉花粉が飛散する時に、子どもが発熱は確認できないのにしょっちゅうくしゃみしたりずっと鼻水が止む気配をみせない時は、もしかしたら杉花粉症の恐れがあるでしょう。
くしゃみに鼻みず、鼻詰まりに目のかゆみ・ゴロゴロする感じなどの花粉症の辛い症状は、アレルギーを誘発する花粉の飛んでいる量に追従しているかのように酷くなってしまうという性質があるとわかっています。
アメリカやヨーロッパ各国では、新しく開発された薬の特許が切れてから約30日後には、製薬市場の80%がジェネリックに替わるような医薬品もある位、ジェネリック医薬品(後発医薬品)は各国で親しまれています。
子どもの耳管は、大人と比較して太目で短い形で、なおかつ水平に近いため、様々なばい菌が潜り込みやすくなっているのです。幼い子どもが急性中耳炎に罹りやすいのは、この作りが関係しています。
頸椎などが痛むヘルニアとは正式には椎間板ヘルニア(ついかんばんヘルニア)と呼び、背骨と背骨の間にあってクッションと同様の役割を持っている椎間板という名称のやわらかい円形の線維軟骨が飛び出した状態の事を表しているのです。
トコトリエノールの機能の中では酸化を防ぐ働きが殊に認知されていますが、それ以外に肌をきれいに保つ効果や、血清コレステロールの生成を抑制したりするというようなことが言われています。
不整脈である期外収縮は、健康体にも出ることがあるため急を要する健康障害ではないにせよ、例えば発作が立て続けに起こるケースは危ないのですぐ病院へ行きましょう。
エイズウイルス、つまりHIVを保有した血液や精液、母乳、腟分泌液等の様々な体液が、交渉相手や看病する人などの傷口や粘膜等に触れることで、感染の危険性が大きくなってきます。
普段から肘をついた横向きの状態でテレビを視聴していたり、頬に頬杖をついたり、ハイヒールなどを毎日履いたりという習慣は身体の均衡を乱れさせてしまう因子になります。