随分、進歩したもんだ。

酒を探して何10kmも車を飛ばして走り回ったり。

と言うことは「原始的」な行動をしていたのは小生だけでなく、Jも共に原始的であると言うことだ。
となるとこれは程度問題であって、どちらがより原始的か?と言うことだ。
今、思い出した数々の行動もJと一緒にしている訳だからお互い様と言うことだ。
然し、ここでハッキリしておきたいのは小生よりはJの方が余程、「原始的」に思えるのは小生だけ?
まぁ、JのカミさんはJの肩を持つに違いないが五十歩百歩の様な。

そう言えば最近はトンと「原始的」なことをしていないような。
随分、進歩したもんだ。

朝から霞が関の地裁に出掛けて午後はノンビリするつもりが部屋の片づけなんかしながらボチボチやっていたらどうも睡魔が早目に襲って来たので自然の摂理に任せて早くに床に付いた。
珍しく寝入りが早いと思ったが(寝ていれば早いか遅いか分らんが)、直ぐに目が覚めてしまった!
ジャスト1時間睡眠。

大体、ウンウンと寝入るまでの時間が必要以上に長くて困っているので「眠い」のは健康な兆候だと思い床に付いたのに…
どうしてこうも睡眠が確実に取れないかね?!
そもそもそれで酒を呑み出して日々量が増えるばかりだったアル中患者だが、こういう状態の時には多少のアルコール摂取が良いのではないかと思わざるを得ない。
第一、眠剤こと睡眠導入剤と言うのは好まぬ。
昔は睡眠薬と呼んでいたが、睡眠導入剤に変わったのは自殺する人が多く服用するからだと思っていたが違ったか?