集団生活

BMIを算出する式はどこの国でも一緒ですが、値の位置づけは国によってそれぞれ違いがあり、日本肥満学会(JAPAN SOCIETY FOR THE STUDY OF OBESITY)ではBMI値22を標準体重とし、25以上を肥満、18.5未満の場合は低体重と定義付けています。
学校・幼稚園などの大規模な集団生活をするにあたって、花粉症が要因で他の皆と一緒に外で楽しく走り回ることができないのは、子どもにとっても残念なことです。
不整脈である期外収縮は、健康な場合でも発生することがあるので急を要する重病とは限らないのですが、例えば発作が次々と起こるケースは危険な状態です。
暗い所だと光不足によってものを見るのが難しくなりますが、さらに瞳孔が開くので、眼球の水晶体のピントを合わせるのに不必要な力が使用されてしまい、結果的に光の入る場所でものを眺めるより疲労が大きいと言えます。
ストレスが蓄積する原理や、有用な抗ストレス法など、ストレスに関わる細かい知識を勉強している人は、さほど多くはありません。
食中毒を引き起こすことのあるブドウ球菌(スタフィロコッカス)はパープルに染色されるグラム陽性球菌であり、大別すると毒の強力な黄色ブドウ球菌(おうしょくぶどうきゅうきん)と毒の薄弱なコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci、CNS)の2つに分けることができるのです。
脂溶性のビタミンDは、Caが体に吸収されるのを助長するという作用が特に有名で、血中のカルシウム濃度を操作し、筋繊維の活動を微調整したり、骨を作り出します。
多機能な肝臓に脂肪やコレステロールが多く付着した脂肪肝(しぼうかん、fatty liver)は、肝硬変を始めとする多様な健康障害の合併症を誘引する可能性があります。
よく耳にする心筋梗塞とは心臓の周りにある冠動脈の動脈硬化により血液の通り道である血管の内腔が狭まって、血液の流れが途絶えて、重要な酸素や栄養が心筋まで届かず、ほとんどの筋細胞が壊死するという大変怖い病気です。
花粉症の病状(鼻水、酷い鼻づまり、クシャミなど)のせいで夜間しっかり眠れないと、それが引き金となって睡眠不足の状態に陥り、次の日目覚めてからの業務内容に悪いダメージを及ぼすことも考えられます。
自動体外式除細動器(AED)とは医療資格を有していない一般の人でも扱うことのできる医療機器で、機器本体からの音声ガイダンスに従って行動することで、心室細動に対する処置の効き目を発揮してくれます。
複雑骨折により酷く出血した場合に、血圧が降下して目の前が暗くなるようなめまいやふらつき、冷や汗、胸のムカつき、失神などの色々な脳貧血症状が誘引される時もあります。
外から眺めただけでは骨を折ったかどうか自信がない時は、違和感の残る所にある骨を少しだけ突いてみてください。もしそのポイントに激しい痛みが響けば骨折の疑いがあります。
通常の場合は骨折を起こさない程の弱い圧力でも、骨の狭いエリアに幾度も繰り返していつまでも力が加わってしまうことにより、骨折に至ってしまうことがあるようです。
耳鳴りには大きくわけて2種類あり、当事者にしか感じられないのが特徴の「自覚的耳鳴り」と、血液の流れなどのように当事者と他の人にも精度の高いマイクロホンを使用したりすると響いているタイプの「他覚的耳鳴り」があります。