雲にも登らむ。

都の邊(ほとり)には、在々所々、堂舍塔廟、一つとして全からず。或は崩れ、或は倒れぬ。塵・灰立ち上りて、盛んなる煙の如し。地の動き、家の破 るゝ音、雷に異ならず。

家の中に居れば、忽ちにひしげなんとす。走り出づれば、地割れ裂く。
羽なければ、空をも飛ぶべからず。龍ならばや、雲にも登らむ。 おそれの中に、おそるべかりけるは、たゞ地震(ない)なりけりとこそ覺え侍りしか。
また、同じころとかいう話であるが、不倫調査 香川酷い大地震が起こることがありました。そのありさまは、世の常のことではなく、山が崩れて川を埋め、海は傾い て陸地を浸した。土が裂けて水が湧き出し、岩が割れて、谷に転がって入る。波打ち際をこぐ船は、波に漂って、道を行く馬は、足の立てどころがわからなくな る。
京都周辺のあちこちでは、寺院や塔が一つとして無事だったものはない。あるものは崩れ、あるものは倒れた。塵や灰が立ち上がって、煙のようにその 勢いは盛んである。地の動きや家の破れる音は雷と同じであり、家の中に座っていると潰されそうである。